日銀が導入したマイナス金利の影響で資産運用に困る人が増えています。

そんな中、活況となっている業界が不動産投資の世界です。

サラリーマンに人気の投資案件として湧いています。

しかし。

甘い言葉に踊らされて購入したものの、収支が悪化し、売却を希望する人も増えています。

今回は収益物件の売却で注意したいポイントをご紹介します。

ローンの残高を確認する

まず始めに必要な確認事項がローンの残高です。

不動産投資で人気がある物件がワンルームマンションです。

都心の新築ワンルームマンションを金融機関からの融資を受けて購入し、賃貸に出すモデルです。

比較的資産性が高く、安定した家賃を期待できることで人気を集めています。

しかし。

都心の新築であるがゆえに、多額の借入金が必要になります。

収益物件を売却するためにはローンの完済が必要です。

残っているローンの残高を返す必要があるのです。

あなたが保有している収益物件を売却した金額で返済が可能なのかどうか確認する必要があります。

相場を理解する

ローンの残高を確認した次に調べる内容は周辺相場です。

あなたの収益物件がいくらぐらいで売却できるのかを理解する必要があります。

これにはインターネットで簡単に利用出来る机上査定をオススメします。

机上査定は簡単な情報入力を行うだけで査定結果を受け取ることができます。

この価格は周辺の過去の実績や路線価など公表されている数字をベースに算出されます。

収益物件の場合は賃貸中の家賃額にも左右されますので鵜呑みしないように注意しましょう。

査定額がわかれば、ある程度の売却金額をイメージすることができます。

先ほどのローン残高と見比べて、売却が可能なのかどうか判断することとなります。

まとめ

収益物件の売却はあなたの一存だけでは決めることができません。

ローンを借り入れている手前、返済とセットで考える必要があります。

ローンの残高や相場を理解することで売却に向けたステップを進むことができます。

詳しい売却までの手続きを知りたい方はオススメのページを下記にご紹介しておきますのでご覧ください。

ワンルームマンションの査定における注意点の解説サイトはこちら。