自宅住宅を売却のため不動産会社に仲介を依頼し、媒介契約を締結した後でどのような作戦を立てて売り出すかは重要なポイントです。

立地・間取り・価格などの条件に合致し、売却予定住宅の内覧に訪れる見込み客の第一印象は非常に大切な部分です。

部屋内の整理、整頓は基本中の基本です

内覧者は新築住宅のモデルルームを見学した後に、比較物件として見学にくる可能性があるため部屋の中の整理、整頓は基本中基本です。

住宅を見学する時は、ある程度の夢を持って内覧に来ますので、各部屋に生活感を感じさせないように、荷物、家具等が多ければ、レンタル倉庫等に一時的に預けて、モデルルーム並みに部屋を広くみせるようにしておきましょう。

建物の入口である玄関の整理、整頓は特に大事なポイントです。

クローゼットを開けて、収納のスペースを確認する可能性があるので、クローゼットの中の整理、整頓も必須条件です。

ベランダに荷物をおくのもNGです。

一戸建ての場合は、庭の手入れを念入りにしましょう。

雑草が生えている状況は印象を悪くします。

売却前にハウスクリーニングを利用するべきかどうか

数ある住宅の中から、立地・間取り・価格などの条件をクリアして、内覧に訪れる見込み客をどのようにして成約に結びつけるか。

内覧に訪れる見込み客は、後、部屋の中の条件さえ整えば購入に結びつけられます。

第一印象を良くするために、最低限水回り部分(台所、トイレ、浴室等)、台所のガスレンジ、換気扇等のハウスクリーニングは必要です。

後水回り特有の臭い、特にトイレの臭いを消去するためにもハウスクリーニングは必要です。長年にわたって住み慣れた場合、臭いに慣れてしまっている可能性がありますので、臭いに関しては印象を悪くしないために、特に重要なポイントです。

部屋全体のイメージももちろん大切な部分です。

毎日日常的に使用する上記の部分は主婦の目線で厳しく判断されるので特に購入に至るかどうかの大切な部分です。

まとめ

不動産売却を早期に実現するために、内覧に訪れた見込み客を逃さないようにしましょう。

部屋の中の水回り部分、台所のガスレンジ等のハウスクリーニングを専門業者に依頼するのは大切なことです。

しかし、ハウスクリーニングしただけでOKではなく、部屋全体の整理整頓は最低限の必須条件です。