住宅の売り出し価格を決める基準は、自分自身で売り出したい希望価格を基準におくのではなく、あくまで、市場価格、相場価格を基準におくのが、基本です。

購入予定者は、エリア、部屋のタイプ、価格を基準にマンションをリストアップしていきます。

この価格が市場価格からかけ離れて高い価格であると、リストアップ対象から外れてしまいます。

問い合わせがあり、お客様が売却予定のマンションに見学に来てくれないと売却のスタートが切れません。

購入予定者が検索してくれる価格に設定することが大事なポイントです。

そこで今回は売り出し価格を決定する時の大切なポイントである相場価格の調査する方法を解説します。

自分自身で市場価格、相場価格を調査しておく

最終的には仲介依頼した不動産会社の担当者と相談して決定する流れになりますが、まずは自分自身で情報収集しておくのが得策です。

新聞の折り込みチラシ、ポスティングチラシ等で調査する。

特にポスティングチラシは具体的に売却物件募集と明記されていたり、同じマンションの売り出し物件が掲載されていたりして参考になります。

頻繁に売却物件募集のチラシが入り、売り出されてすぐに売れている状況であれば、人気のあるマンションであると判断できます。

また、ネットで仲介業者のサイトから、周辺のマンションの売り出し価格を検索し、相場価格を調査しておく。

プロのアドバイスは非常に重要ですが、相談する時の質問力をつけるために最低限の知識は必要です。

仲介を依頼する不動産業者に相談し、価格査定を依頼する

不動産業者は、マンションであれば、売却予定マンションの過去の取引事例を調査して、

また付近のマンションの取引事例を調査して相場価格を出してくれます。

上記は過去、直近の取引事例をもとに算出する方法です。

あと、取引事例が少ない一戸建ての場合は価格査定マニュアルをもとに算出されます。

築年数、間取り、外観、内装の状況等をもとに算出する方法です。

まとめ

自分で調査し、仲介依頼した不動産会社にアドバイスをいただき、最終的には、

購入予定者の立場にたち、直近の相場価格を充分に意識して、売り出し価格を決定することが住宅売却の良いスタートをきることにつながります。

けっして仲介業者まかせにしてはいけません。